tarluの40代プレリタイアブログ

好きなこと:株式投資、資産運用、経済ニュース。 ある理由により現在休職中。つまりプレリタイア中です。

ニート生活は意外とつらいがプレリタイア生活はどうか?

ニート生活は意外と辛いらしいです。

f:id:tarlu:20180804152743j:plain

news.livedoor.com

 「ニートってまともな社会人経験ある人間やと続かんと思うわ」「常人は二ヶ月で辛くなる」など、ニート生活を満喫できない男性への共感の声が寄せられていた

 

今 tarluはプレリタイア生活をしています。

 

ニートの定義は、

十五歳から三十四歳までの、家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない者。

 です。

 

tarluがニートに当てはまるのかどうか、確認して見ます。

tarluは40代のため、年齢条項でニートではありません。

一人暮らしのため家事は自分で全部しています。

通学はしていません。

就業しているかは▲です。一応会社員ですが休職中の為働いてはいません。

会社員のため、当然職業訓練は受けていません。ただ最近アフィリエイトの勉強をしています。職業訓練に準じているといえるのかもしれません。

 

またニートの定義には含まれませんが、生活費を自分で出しているのか、親・国(生活保護)に頼っているか、金銭は潤沢か、目減りしているかも、ニート生活の充実度に影響を与えます。

 

多くのちゃんと働いている人が読むと怒るかもしれませんが、tarluの自分のプレリタイア生活がつらいと感じたことがあります。一日ですることが無い時です。その時はボーとしていました。tarluは金銭的に恵まれているにも関わらずです。

 

しかしそれは一時のことであり、ただ基本的にはプレリタイア生活を(楽しむでなく)受け入れている状態です。最近は散歩を1日当たり一時間半するようにしており健康そのものです。

 

元記事を読んで感じたことは、自分の存在価値を他人と比較することによって得ている人は、ニート生活に向かないということです。

 

ニート生活に向かない人は、(一般的な将来の老後の)リタイア生活にも向かないと思います。

みなさんは、ニート生活・リタイア生活に向く人でしょうか?向かない場合は生涯現役にこだわるのも一考です。