tarluの40代プレリタイアブログ

好きなこと:株式投資、資産運用、経済ニュース。 ある理由により現在休職中。つまりプレリタイア中です。

東京で6畳弱の狭い物件に、住みたい人が殺到している理由は?

f:id:tarlu:20180821171053j:plain

QUQURIという名のワンルームマンションが注目されています。

東京で6畳弱の狭い物件に、住みたい人が殺到している理由はわかりますか?

 

 

www.itmedia.co.jp

 

 QUQURIの最大の特徴は「狭い」こと。部屋の広さはわずか9平方メートル(6帖弱)しかないので、玄関を入って数歩進めば部屋の端にたどりつく。それでもキッチン、トイレ、シャワールーム、下駄箱があって、洗濯機を置くこともできるのだ。

 

 恵比寿では通常サイズの20平方メートルのワンルームマンションの家賃は11万円であるのに対し、QUQURIの家賃では7万円と家賃の差は4万円です。

 

狭くてもよいので勤務地の近くに住みたい、駅の近くに住みたいというニーズが増えています。

 

この傾向は最近にスマホで何でもできることも大きいと思います。テレビがなくてもスマホでユーチューブをみたりLINEをしたりすることができるからです。

余分なものを持たない考え方、ミニマリストの考え方も、QUQURIのような狭小ワンルームに合致しますね。