tarluの40代元プレリタイアブログ

好きなこと:株式投資、資産運用、経済ニュース。 ある理由により現在休職中でした。つまりプレリタイア中でした。今は復職しました。

テレビの4K放送の知られざる深刻な問題とは

f:id:tarlu:20180806150316j:plain

テレビの「4K放送」が今年の12月開始されます。

4K放送の画素数は現行のフルハイビジョンの4倍であり、高精細かつ臨場感のある映像が実現できると期待されています。

その「4K放送」に深刻な問題があるそうです。

 

toyokeizai.net

 

4K放送を視聴するには店頭で販売されている4K対応テレビを購入するだけでは視聴することができない。実際には専用チューナーが必要になるケースが大半だ。昨年来、複数のメディアで指摘されてきたが、いまだに多くのユーザーがこの事実を知らない。

 

4Kテレビで「4K放送」を思料するのに専用チューナーが必要なケースが多いということの認知度が低いですね。 家電量販店の大型テレビコーナーでもあまり告知していない気がします。別途チューナーが必要だと判ると大型テレビが売りづらいからです。

 

2018年に4K放送が始まることを知っていたのも12.2%と低水準だった。


4K放送の開始時を知っていても、4Kテレビ+チューナーを所持していない人がいるので、放送開始時の視聴ユーザーは0.5%くらいでしょうか?

 

4K放送の受信装置(4Kテレビ+4Kチューナ)が売れないと、4K放送の番組数が増えません。4K放送の番組が増えないとますます受信装置が売れません。そのため4K放送の放送設備メーカ・放送局はぜひ4K放送が復旧してほしいのですが、厳しいと思います。

 

そもそも4K放送って必要かなとtarluは疑問を感じます。テレビの視聴率が毎年低下しているからです。ゴールデンでも高齢者向けの健康番組や、カラオケ・懐メロ番組を放送している昨今です。4K放送でしか伝えられないテレビコンテンツはあるのでしょうか?

 

また4Kが普及せず次の8Kが普及する可能性もあります。もうすでに8Kの規格が始まっているからです。

 ほかの大手メーカーはチューナー内蔵テレビの発売時期を明らかにしていない。各社に問い合わせると、「検討中」(ソニー)、「検討しており、タイミングを見て発売」(パナソニック)、「検討しているが詳細は未定」(シャ-プ)といった回答だった。放送開始の12月までに、各社のテレビが出そろわない可能性もある。

パソコン向けに4K解像度のモニタは一定量の販売が期待できますが、4K放送は必要かなと思います。単に大型テレビを購入する際に4Kとフルハイビジョンの値段差が少ないのならば4Kを購入しようとなるのかなと推測します。メーカー側もそれを感じているので、チューナー内蔵の4Kテレビの販売に及び腰なのではないでしょう。