tarluの40代元プレリタイアブログ

好きなこと:株式投資、資産運用、経済ニュース。 ある理由により現在休職中でした。つまり元プレリタイア中でした。今は復職しました。

テレビの4K放送の知られざる深刻な問題とは

f:id:tarlu:20180806150316j:plain

テレビの「4K放送」が今年の12月開始されます。

4K放送の画素数は現行のフルハイビジョンの4倍であり、高精細かつ臨場感のある映像が実現できると期待されています。

その「4K放送」に深刻な問題があるそうです。

 

toyokeizai.net

 

4K放送を視聴するには店頭で販売されている4K対応テレビを購入するだけでは視聴することができない。実際には専用チューナーが必要になるケースが大半だ。昨年来、複数のメディアで指摘されてきたが、いまだに多くのユーザーがこの事実を知らない。

 

4Kテレビで「4K放送」を思料するのに専用チューナーが必要なケースが多いということの認知度が低いですね。 家電量販店の大型テレビコーナーでもあまり告知していない気がします。別途チューナーが必要だと判ると大型テレビが売りづらいからです。

 

2018年に4K放送が始まることを知っていたのも12.2%と低水準だった。


4K放送の開始時を知っていても、4Kテレビ+チューナーを所持していない人がいるので、放送開始時の視聴ユーザーは0.5%くらいでしょうか?

 

4K放送の受信装置(4Kテレビ+4Kチューナ)が売れないと、4K放送の番組数が増えません。4K放送の番組が増えないとますます受信装置が売れません。そのため4K放送の放送設備メーカ・放送局はぜひ4K放送が復旧してほしいのですが、厳しいと思います。

 

そもそも4K放送って必要かなとtarluは疑問を感じます。テレビの視聴率が毎年低下しているからです。ゴールデンでも高齢者向けの健康番組や、カラオケ・懐メロ番組を放送している昨今です。4K放送でしか伝えられないテレビコンテンツはあるのでしょうか?

 

また4Kが普及せず次の8Kが普及する可能性もあります。もうすでに8Kの規格が始まっているからです。

 ほかの大手メーカーはチューナー内蔵テレビの発売時期を明らかにしていない。各社に問い合わせると、「検討中」(ソニー)、「検討しており、タイミングを見て発売」(パナソニック)、「検討しているが詳細は未定」(シャ-プ)といった回答だった。放送開始の12月までに、各社のテレビが出そろわない可能性もある。

パソコン向けに4K解像度のモニタは一定量の販売が期待できますが、4K放送は必要かなと思います。単に大型テレビを購入する際に4Kとフルハイビジョンの値段差が少ないのならば4Kを購入しようとなるのかなと推測します。メーカー側もそれを感じているので、チューナー内蔵の4Kテレビの販売に及び腰なのではないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Google AdSense、A8.net、Amazonアソシエイト、楽天アフェリエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるlunaが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 初出掲載:2018年5月3日 改訂:2018年8月28日